妊娠24週目 妊婦の予防接種と血液・尿検査

妊娠24週に入り、予防接種と血液検査・尿検査を行いました。

もくじ

三種混合ワクチン(DTPa)

予防接種はDTPaというジフテリア・破傷風・百日咳の三種混合ワクチンを接種しました。

三種混合ワクチンというと、日本では子供が受ける予防接種というイメージがありますが、海外では妊婦に接種を推奨している国が結構あるそうです。ブラジルでは妊婦は20週以降に接種することになっています。

日本では生後3ヶ月以降の乳児に三種混合ワクチンを接種しますが、その3ヶ月までに百日咳にかかり、重症化してしまうことがあります。妊娠中に妊婦が接種することでそれを防ぐことができるそうです。

インフルエンザワクチン

本来ならインフルエンザの予防接種もすることになっていますが、現在ワクチンが不足しており接種ができないとのことでした。ブラジルは日本と季節が真逆で今は夏前ですが、インフルエンザワクチンは冬前か冬場でないと入手が難しいそうです。

B型肝炎ワクチン

ブラジルでも日本と同じように子供の時にB型肝炎ワクチンを3回接種します。子供の時に接種を受けていない人や確信がない場合は抗体検査をして接種を検討します。

私は抗体があるはずなので血液検査で抗体を調べてから接種を検討することになりました。

ブドウ糖負荷試験(妊娠糖尿病の検査)

妊娠糖尿病がないかを検査するものです。
ブラジルでは妊娠24-28週で行うことになっています。
8時間以上絶食した状態で血糖値を測定し、ブドウ糖が入った液を飲みます。
飲んでから1時間後と2時間後の血糖値を測定します。

【基準値】
空腹時…92mg/dl
1時間後…180mg/dl
2時間後…153mg/dl

看護師に「吐いちゃったら検査ができないから吐いちゃだめだよ!」と言われたので、「そんなにマズイの?」と思いながら恐る恐るブドウ糖液を飲みました。甘ったるいですがそんなに悪い味ではありませんでした。

別室でおとなしく待つように言われたのですが、しばらくするとなんだか気持ち悪くなってきました。8時間絶食した後で300mlも甘ったるい濃厚な液を一気飲みしたらそりゃ気持ち悪くもなるよな…と思いながら、吐かないように必死で耐えました。

結果は空腹時:66mg/dl、1時間後:73mg/dl、2時間後:96:mg/dl

通常は1時間後が一番高く、そのあとは下がっていくものなのですが、なぜか2時間後のほうが高かったです。私は甲状腺機能低下症なので、その影響で糖吸収障害があるのではないかと言われました。

何かで胎児の血糖値は母体よりも20mg/dlほど低いというのを読みました。それが本当だとすると、空腹時の赤ちゃんの血糖値は46mg/dlほどしかないことになってしまいます。

インターネットで調べても、高血糖や糖尿病についての情報しか出てこず、低血糖が胎児に与える影響についてはよくわかりません。でもとにかくできるだけ空腹状態にならないように気をつけないと…。

感染症検査

HIV、B型肝炎、C型肝炎、梅毒の検査です。

日本では妊娠初期に1度だけ行うと思いますが、ブラジルでは妊娠初期・中期・後期に各1回ずつ行います。簡易検査キットを使用するので、すぐに結果が分かります。

妊婦だけでなく、そのパートナーもいちど検査することをすすめられます。

血液検査

私は甲状腺機能低下症があるので甲状腺刺激ホルモン(TSH)と貧血の検査もしました。

日本でいうチラーヂンS錠75μgを飲んでいますが、TSHは正常値範囲内でした。

妊娠すると貧血になりやすいと言われていますが、私も貧血気味なので食事に気をつけるように言われました。フェイジャオンという黒豆の煮物や、赤身の肉、ブロッコリーやヤセイカンラン(couve)というブラジルでよく食べられているアブラナ科の野菜などを積極的にとるようにすすめられました。

出典:https://www.feriasazultravel.com/blog/alem-dos-parques/comida-brasileira-em-orlando.html

尿検査

尿検査では尿たんぱくや尿糖、ph、尿比重などを調べます。これは日本とほぼ同じだと思います。

まとめ

ブラジルでも日本と同じようにきっちりと予防接種をし、各種検査も行います。ブラジルの公立病院はあまり医療レベルが高くないと聞いていたので少し不安でしたが、今は安心して診てもらうことができています。